ホンダ ステップワゴン

ステップワゴン

中型ミニバンといえばミニバンの中でも典型的なファミリー向けのもので、走行性能を高めるよりはキャビンを広くした方がいい、運転のしやすさを求めるより快適装備をたくさんつけたほうがいいといった極端に車本来の性能を捨てた車で車としての魅力はこれっぽっちもないものなのですが、現在のファミリーカーの主力となっているために販売台数が衰えることがありません。

中型ミニバンといえば日本で市場売れたミニバンとして有名な日産のセレナや本格的なハイブリッドシステムを搭載するノア・ヴォクシー・エスクァイア3兄弟が代表的なものでホンダが発売するステップワゴンはその次といった程度に扱われていました。

それもそのはず、他社モデルのような派手な演出や特別な装備などが全くつけられていなかったので工業製品としての商品力が非常に弱かったのでは売れるものも売れません。しかし、今度のステップワゴンは魅力がいっぱいです。

まずエンジンですが、このクラスは2リッターNAエンジンというのが定番エンジンとして用いられるのですが、ステップワゴンはそのエンジンのダウンサイジングエンジンとして1.5リッターエンジンにターボチャージャーを搭載したダウンサイジングターボエンジンを投入したのです。

それもただの1.5リッターエンジンではありません、VTECエンジンです。

それまでにもi-VTEC機構が搭載されていましたがi-VTECはあくまでも燃費性能を向上させるための構造で、VTECのような走行性能を向上させるカムプロフィール切替機構とは全く違います。要するに動力性能を考えたエンジンが搭載されたということになるのです。

それから面白いのがわくわくゲートというもの、通常では上下跳ね上げ式となっているリヤハッチを上下跳ね上げ機構を持ったまま更にリヤハッチの一部のヒンジドアと同じような横開き機能を付けたものです。これが付けられたことによってミニバンに新しい使い方をもたらしました。

今まではリヤハッチといえば荷物を積むときだけに開閉するものだったのですが、リヤハッチの一部がドアとして使えるようになってからはそこから人が乗り降りできるようになったのです。

これは意外と画期的なことでフルフラットになるマジックシートと呼ばれるサードシートの恩恵もあって、「横から乗る」ということだけではなく、「後ろからも乗れる」という新しい価値がついたのです。

 

サイトマップ