ホンダ ステップワゴン・ハイブリッド

ステップワゴン・ハイブリッド

中型ミニバンのステップワゴンは1.5リッターターボエンジンを搭載し燃費とパワーを両立しているわけですがどうしてもトヨタ勢のハイブリッドモデルには太刀打ちできていないようです。

それは実燃費がどうのということではなく、販売台数面での話です。日本では「燃費がいい車=ハイブリッドモデル」という概念が強く刷り込まれており、実際にもハイブリッド教の信者がたくさんいます。

対してダウンサイジングターボエンジンだとしてもターボチャージャーがついているということだけでスポーツモデルのターボエンジンのように「ターボエンジン=燃費が悪い」という概念が強く刷り込まれているので、どうしてもガソリンをケチりながら走りたい人はトヨタのノア3兄弟モデルに行ってしまうのです。

そこでホンダもこのステップワゴンにハイブリッドモデルを投入することになりました。

ハイブリッドシステムはアコードハイブリッドや近々発売されるオデッセイハイブリッドと同じスポーツハイブリッドi-MMDでエンジンは2リッターエンジンを予定しているようです。

トヨタ勢はプリウスとの共有化を図る必要があるので2リッターではなく、ハイブリッドモデルだけ1.8リッターエンジンを採用していますがこのステップワゴンでは2リッターエンジンが搭載され200ccの余裕が生まれます。

この200ccというのは重量級のボディを持つミニバンでは大きなメリットとなります。このステップワゴンが発売されたらきっとトヨタのノア3兄弟は売り上げが落ちることでしょう。

 

サイトマップ