ホンダ シャトル

シャトル

ホンダのシャトルと聞いて全く新しいシリーズだと思った方は不正解です。この車は先代までフィットシャトルと呼ばれていた車です。

フィットシャトルはその名の通り、フィットのプラットフォームを使って作られたステーションワゴンです。デザインも共通化されているのでフィットのステーションワゴンモデルといっていいでしょう。

それがフルモデルチェンジしたのと同時、フィットという冠名が外れてシャトルだけになったということです。

とはいってもフィットが外れたのは名前だけで車の作りは先代通りフィットのコンポーネントを使って作られています。

バリエーションも全く同じでフィットに搭載されている1.5リッターエンジンにスポーツハイブリッドi-DCDのハイブリッドモデルと1.5リッターエンジンモデルの2種類で、トランスミッションももちろん全く同じ、足回りも全く同じということでまさにフィットのステーションワゴンモデルといった感じです。

しかし、フィットのルーフを伸ばして、オーバーハングを長くしただけのボディを見るとまるで別物のように見えるから不思議です。

フィットはやはりコンパクトカーですので何かとスペース的なデメリットが生まれてきますが、この車でしたらわざわざ高いお金を出してミニバンを買ったりもっと大きなステーションワゴンを買ったりする必要もないような気もします。

フィット以上によくできていると感じている方も多いかと思います。

 

サイトマップ