ホンダ オデッセイハイブリッド

オデッセイハイブリッド

オデッセイは過去の低ルーフミニバンブームを巻き起こした張本人で、当時は若年層の間で非常に人気のある車でした。

しかし昨今では低ルーフミニバンの実用性の無さが言われるようになり、低ルーフミニバンの需要は低迷、天下のオデッセイも低ルーフミニバンといったメリットだけでは売ることができなくなり、不人気モデルだった大型ミニバンのエリシオンと統合する形で通常のトールミニバンとして販売されるようになったのでした。

その新しいオデッセイは既に発売されているのですが当初から噂されていたハイブリッドモデルが2016年の2月上旬あたりに発売される見込みとなったようです。

オデッセイのハイブリッドモデルですから外観は大きく変わることはないでしょう。

問題は搭載されるハイブリッドシステムですが、さすがにこの大きなボディを持つオデッセイにフィットのスポーツハイブリッドi-DCDは厳しいので、アコードハイブリッドに搭載されているスポーツハイブリッドi-MMDが搭載されることになっています

このハイブリッドシステムは2リッターNAエンジンと2つの電気モーターによって構成されるもので低速域や中速域では電気モーターだけの走行や電気モーターとエンジンでの走行を行い、消費電力が多い高速い区ではエンジンでの走行を行うといった制御を行います。

燃費性能はアコードハイブリッドでは30km/Lという燃費性能を発揮させていますが、ボディ重量が重くボディ形状も空気抵抗が大きいオデッセイでは26.0km/Lになるようです。

発売当時はかなり売れていましたがここ最近はトヨタ勢におされてしまって思ったような販売台数になっていないオデッセイ、ハイブリッドモデルの発売はきっといい刺激になると思います。

 

サイトマップ