ホンダ ジェイド

ジェイド

ホンダが作り出したといっていい低ルーフミニバンというジャンル、3列シートを持つミニバンでありながらセダンモデルと同じ感覚で運転することができるということで一時期は大人気なジャンルとなったわけですが、ミニバン本来のメリットである広いキャビン、小さな子供が乗っても大丈夫といった面においては全高が低い、すなわち室内高が低いということでほとんどスポイルしてしまっていることから需要はだんだん落ちていく一方となりました。

低ルーフミニバンの本家といっていいオデッセイですらともに人気のなかったエリシオンと統合して低ルーフミニバンではなくなる始末で、その弟分として作られていたストリームもなかなか売れない車ということで生産終了となってしまいました。
こういった低ルーフミニバンのけいこうをみて、今後こう言った車は作られないだろうといわれていたのですが、ホンダはやってくれました。

ストリームに実質的な後継モデルとしてジェイドを発売したのです。

この車はフィットと同じ構造を使った中国向けの車として作られていたのですが、思ったより評判がいいので日本でも発売することになったものです。

日本仕様ではプラットフォームこそ違いますが、フィットと同じハイブリッドシステムを使っており、フィットのミニバンモデルといっていいでしょう。

そのためミニバンならではの特徴であるサードシートがあまりにも狭く、ミニバンとして使えないという致命的な欠陥を持つ車となり、ストリームと同じ道を歩んでいます。

 

サイトマップ